Publications

Journal papers and  Conference papers

(peer-reviewed)

Taninaka H, Bernardo LPC, Saito, Y, Nagai S, Ueno M, Kitano YF, Nakamura T, Yasuda N (2019) Limited fine-scale larval dispersal of the threatened brooding corals Heliopora spp. as evidenced by population genetics and numerical simulation. Conservation Genetics (Published online: 08 October 2019) doi: 10.1007/s10592-019-01228-7

Muko S, Suzuki G, Saito M, Nakamura T, Nadaoka K (2019) Transitions in coral communities over 17 years in the Sekisei Lagoon and adjacent areas in Okinawa, Japan. Ecological Research (2019;1-11). doi: 10.1111/1440-1703.12013

Nakabayashi A, Yamakita T, Nakamura T, Aizawa H, Kitano YF, Iguchi A, Yamano H, Nagai S, Agostini S, Teshima KM, Yasuda N (2019) The potential role of temperate Japanese regions as refugia for the coral Acropora hyacinthus in the face of climate change. Scientific Reports 9:1892. doi: 10.1038/s41598-018-38333-5

Sith R, Watanabe A, Nakamura T, Yamamoto T, Nadaoka K (2019) Assessment of water quality and evaluation of best management practices in a small agricultural watershed adjacent to Coral Reef area in Japan. Agricultural Water Management 213:659–673. doi: 10.1016/j.agwat.2018.11.014

Mohamed H, Nadaoka K, Nakamura T (2018) Assessment of machine learning algorithms for automatic benthic cover monitoring and mapping using towed underwater video camera and high-resolution satellite images. Remote Sensing 10:773. doi: 10.3390/rs10050773

Nakamura T, Nadaoka K, Watanabe A, Yamamoto T, Miyajima T, Blanco AC (2018) Reef-scale modeling of coral calcification responses to ocean acidification and sea-level rise. Coral Reefs 37:37–53. doi: 10.1007/s00338-017-1632-3

Bernardo LPC, Nadaoka K, Nakamura T, Watanabe A (2017) Island-enhanced cooling mechanism in typhoon events revealed by field observations and numerical simulations for a coral reef area, Sekisei Lagoon, Japan. Ocean Dynamics 67:1369–1384. doi: 10.1007/s10236-017-1096-6

Mwaura J, Umezawa Y, Nakamura T, Kamau J (2017) Evidence of chronic anthropogenic nutrient within coastal lagoon reefs adjacent to urban and tourism centers, Kenya: A stable isotope approach. Marine Pollution Bulletin 119:74–86. doi: 10.1016/j.marpolbul.2017.04.028

Sith R, Yamamoto T, Watanabe A, Nakamura T, Nadaoka K (2017) Analysis of red soil sediment yield in a small agricultural watershed in Ishigaki Island, Japan, using long–term and high resolution monitoring data. Environmental Processes 4. doi: 10.1007/s40710-017-0217-z

Suzuki G, Yasuda N, Ikehara K, Fukuoka K, Kameda T, Kai S, Nagai S, Watanabe A, Nakamura T, Kitazawa S, Bernardo L, Natori T, Kojima M, Nadaoka K (2016) Detection of a high-density brachiolaria-stage larval population of crown-of-thorns sea star (Acanthaster planci) in Sekisei Lagoon (Okinawa, Japan). Diversity 8. doi: 10.3390/d8020009

Higuchi T, Yuyama I, Nakamura T (2015) The combined effects of nitrate with high temperature and high light intensity on coral bleaching and antioxidant enzyme activities. Regional Studies in Marine Science: 2:27–31. doi: 10.1016/j.rsma.2015.08.012

Collin A, Nadaoka K, Nakamura T (2014) Mapping VHR water depth, seabed and land cover using Google Earth data. ISPRS Int J Geo-Information 3:1157–1179. doi: 10.3390/ijgi3041157

Sharma S, Yasuoka J, Nakamura T, Watanabe A, Nadaoka K (2014) The Role of Hydroperiod , Soil Moisture and Distance from the River Mouth on Soil Organic Matter in Fukido Mangrove Forest, Ishigaki Island, Japan. Proc. Int. Conf. Adv. Appl. Sci. Environ. Eng. ASEE 2014: 44–48. doi: 10.15224/978-1-62348-004-0-10

Nakamura T, Nadaoka K, Watanabe A (2013) A coral polyp model of photosynthesis, respiration and calcification incorporating a transcellular ion transport mechanism. Coral Reefs 32:779–794. doi: 10.1007/s00338-013-1032-2

Sowa K, Watanabe T, Nakamura T, Sakai S, Sakamoto T (2013) Estimation of uncertainty for massive Porites coral skeletal density. JAMSTEC Report of Research and Development 16:31–39. doi: 10.5918/jamstecr.16.31

Shirai K, Sowa K, Watanabe T, Sano Y, Nakamura T, Clode P (2012) Visualization of sub-daily skeletal growth patterns in massive Porites corals grown in Sr-enriched seawater. J Struct Biol 180:47–56. doi: 10.1016/j.jsb.2012.05.017

Kashima Y, Nasuhara Y, Nakamura T, Yamauchi T, Otsuki K (2011) Studies on deep groundwater changes for detecting the precursors of anticipated large earthquakes off Miyagi Prefecture: Observation results from February 2008 to December 2009. J Geol Soc Japan 117:451–467. doi: 10.5575/geosoc.117.451

Nasuhara Y, Kashima Y, Nakamura T, Yamauchi T, Otsuki K (2011) Studies on deep groundwater changes for detecting the precursors of anticipated large earthquakes off Miyagi Prefecture, Japan: Observation results from June 2004 to December 2007. J Geol Soc Japan 117:63–78. doi: 10.5575/geosoc.117.263

Nakamura T, Nakamori T (2009) Estimation of photosynthesis and calcification rates at a fringing reef by accounting for diurnal variations and the zonation of coral reef communities on reef flat and slope: a case study for the Shiraho reef, Ishigaki Island, southwest Japan. Coral Reefs 28:229–250. doi: 10.1007/s00338-008-0454-8

Nakamura T, Nakamori T (2007) A geochemical model for coral reef formation. Coral Reefs 26:741–755. doi: 10.1007/s00338-007-0262-6

Nakamura T, Nakamori T (2006) Population dynamics of hermatypic coral communities on reef slope vs. reef flat at Shiraho, Ishigaki Island, southwest Japan. Proc 10th Int Coral Reef Symp. pp 460–477 ->download


Book chapter

Watanabe A, Nakamura T (2019) Carbon Dynamics in Coral Reefs. Blue Carbon in Shallow Coastal Ecosystems. Springer Singapore, Singapore, pp 273–293. doi: 10.1007/978-981-13-1295-3_10

Miyajima T, Morimoto N, Nakamura T, Yamamoto T, Watanabe A, Nadaoka K (2016) Atmospheric Deposition of Reactive Nitrogen as a Regional-Scale Eutrophication Stress on the Coral Reef Ecosystem. In: Kayanne H. (eds) Coral Reef Science, Coral Reefs of the World. Springer Japan, Tokyo, pp 95–101. doi:  10.1007/978-4-431-54364-0_8

Nakamura T, Nakamori T (2011) A simulation model for coral reef formation: reef topographies and growth patterns responding to relative sea-level histories. In: Wright LL (ed) Sea level rise, coastal engineering, shorelines and tides. Nova Science Publishers, Inc., pp 251–261 -> download


Presentations (2014~present)

International

Faisal Amri, Takashi Nakamura, Lawrence Patrick C. Bernardo, Kazuo Nadaoka: Regional Scale Seawater CO2 System Modeling in Coral Triangle Area: Preliminary Result. 16th Annual Meeting of the  Asia-Oceania Geosciences Society (AOGS), Suntec City, Singapore, 2019年7月28日-8月2日(ポスター)

Takashi Nakamura, Masaya Yoshikai, Kazuo Nadaoka: Developing an integrated model system of blue carbon dynamics: From local-scale organic-carbon productions to regional-scale dispersion, decomposition and deposition. SCESAP 3rd International Biodiversity Symposium Cebu 2017, University of the Philippines Cebu, 2017年12月4日-9日(口頭)

Masaya Yoshikai, Takashi Nakamura, Ryohei Egawa, Jun Yasuoka, Atsushi Watanabe, Sahadev Sharma, Kazuo Nadaoka: Development of a vegetation-soil-hydrodynamics coupling model for assessing blue carbon dynamics in mangrove areas. SCESAP 3rd International Biodiversity Symposium Cebu 2017, University of the Philippines Cebu, 2017年12月4日-9日(口頭)

Masaya Yoshikai, Takashi Nakamura, Yoshiyuki Tanaka, Masahiro Nakaoka, Atsushi Watanabe, Toshihiro Miyajima, Eugene C. Herrera, Ariel C. Blanco, Miguel D. Fortes, Maria Lourdes San Diego-McGlone, Kazuo Nadaoka: Development of seagrass bed dynamics model for assessment of environmental impacts of intensive mariculture activities on seagrass ecosystem in Bolinao, Philippines. SCESAP 3rd International Biodiversity Symposium Cebu 2017, University of the Philippines Cebu, 2017年12月4日-9日(ポスター)

Yoshiyuki Tanaka, Takashi Nakamura, Masaya Yoshikai, Toshihiro Miyajima, Kazuo Nadaoka, Atsushi Watanabe, Fernando P. Siringan, Masahiro Nakaoka, Rempei Suwa, Miguel D. Fortes: Evaluation of seagrass rhizome and root system tolerance against external forces to assess their sediment stabilization function. SCESAP 3rd International Biodiversity Symposium Cebu 2017, University of the Philippines Cebu, 2017年12月4日-9日(ポスター)

中村隆志、灘岡和夫、樋口富彦、宮島利宏、山本高大、渡邉敦:サンゴポリプ内における褐虫藻の個体群動態と活性酸素種の動態を基にしたサンゴの白化現象のモデル化 .JpGU-AGU Joint Meeting 2017、千葉県千葉市(幕張メッセ)、2017年5月20日-25日(口頭)

渡邉敦、中村隆志、中野義勝、灘岡和夫:現場チャンバー実験によるサンゴ礁一次生産者の光合成、石灰化および有機炭素・窒素フラックスの測定.JpGU-AGUJoint Meeting 2017、千葉県千葉市(幕張メッセ)、2017年5月20日-25日(ポスター)

Masaya Yoshikai、Takashi Nakamura、Yoshiyuki Tanaka、Masahiro Nakaoka、Atsushi Watanabe、Toshihiro Miyajima、Eugene C. Herrera、Ariel C. Blanco、Miguel D. Fortes、Maria Lourdes San Diego-McGlone、Kazuo Nadaoka: A dynamic model to assess mariculture-induced environmental impacts on seagrass beds along coasts of Bolinao and Anda, Philippines. JpGU-AGUJoint Meeting 2017、千葉県千葉市(幕張メッセ)、2017年5月20日-25日(口頭)

Takashi Nakamura, Kazuo Nadaoka, Atsushi Watanabe, Takahiro Yamamoto. Reef-scale model system for evaluating and predicting coral responses to ocean acidification and sea-level rise, 13th International Coral Reef Symposium, Hawaii, USA, 2016年6月19日~24日(口頭)

Nakamura T (2015) Circulation and coral polyp modelling, Moorea IDEA Physical Modelling Workshop, ETH Zurich, Switzerland,2015年3月9 日~11日 (口頭)

Sharma, S., Yasuoka, J., Nakamura, T., Watanabe, A., Nadaoka, K.. The Role of Hydroperiod, Soil Moisture and Distance from the River Mouth on Soil Organic Matter in Fukido Mangrove Forest, Advances in Applied Science and Environmental Engineering- ASEE 2014, 2014年12月20日~21日(口頭)

Atsushi Watanabe, Takashi Nakamura, Kazuo Nadaoka, Yoshikatsu Nakano: Nutrient dynamics in relation to ecosystem production in coral reefs studied using a benthic chamber. 3rd Asia-Pacific Coral Reef Symposium, Pingtung Taiwan (Howard Hotel), 2014年6月23日~27日(ポスター)

Takashi Nakamura, Kazuo Nadaoka, Atsushi Watanabe Takihiro Yamamoto: Reef-scale modeling system for evaluating and predicting coral responses to future environmental changes. 3rd Asia-Pacific Coral Reef Symposium, Pingtung Taiwan (Howard Hotel), 2014年6月23日~27日(口頭)

Domestic

中村 隆志、樋口 富彦、宮島 利宏、Agostini Sylvain、湯山 育子、安田 直子、藤村 弘行:光阻害過程とサンゴの白化現象のモデル化 . 日本サンゴ礁学会第22回大会、北海道札幌市(北海道大学), 2019年11月8日-11日、(口頭)

Lawrence Patrick Cases Bernardo, Takashi Nakamura, Kazuo Nadaoka. Numerical simulation of typhoon events in Sekisei Lagoon, Okinawa, Japan using a coupled ocean-wave model. 日本地球惑星科学連合2019年大会、千葉県千葉市(幕張メッセ), 2019年5月26日-30日、(ポスター)

中村 隆志、樋口 富彦、宮島 利宏、Bernardo Lawrence Patrick C.、灘岡 和夫、渡邉 敦、藤村 弘行:サンゴのポリプスケールにおける白化現象のモデル化とリーフスケールへの拡張. 日本地球惑星科学連合2019年大会、千葉県千葉市(幕張メッセ), 2019年5月26日-30日、(口頭)

白井秀治中村隆志、渡邉 敦、渡部耕太、灘岡和夫:流動環境下おける造礁サンゴ群集の代謝応答の現場観測.日本サンゴ礁学会第20回大会、東京都目黒区(東京工業大学)、2017年11月23日-26日、(ポスター)

中山美織中村隆志、渡邉 敦、山田武輝:石垣島における水柱と間隙水の栄養塩濃度および底質の比較からみるサンゴ礁生物群集組成の成因.日本サンゴ礁学会第20回大会、東京都目黒区(東京工業大学)、2017年11月23日-26日、(ポスター)

山田武輝中村隆志中山美織、灘岡和夫:Google Earth画像を用いたSpectral Unmixing法によるサンゴ礁域の水深および生物群集被度の同時推定.日本サンゴ礁学会第20回大会、東京都目黒区(東京工業大学)、2017年11月23日-26日、(ポスター)

渡部耕太中村隆志、渡邉 敦、Lawrence Patrick BERNARDO、白井秀治、灘岡和夫:白保裾礁内における水・熱収支モデルの構築.日本サンゴ礁学会第20回大会、東京都目黒区(東京工業大学)、2017年11月23日-26日、(ポスター)

天野慎也中村隆志、渡邉 敦、Lawrence Bernardo、Ratino Sith、宮島利宏、灘岡和夫:石垣島名蔵湾を対象とした三次元海水流動・水温シミュレーションによるサンゴ白化リスク評価と生残可能域の検討.日本サンゴ礁学会第20回大会、東京都目黒区(東京工業大学)、2017年11月23日-26日、(口頭)

相澤浩明中村 隆志、安田仁奈山北剛久:低緯度~高緯度にわたる広域に適用可能なクシハダミドリイシの一斉産卵日予測のための有効積算水温の再検討.日本サンゴ礁学会第20回大会、東京都目黒区(東京工業大学)、2017年11月23日-26日、(口頭)

中村隆志、安岡潤、Sahadev Sharma、江川遼平、森尚大、吉開仁哉、出浦孝之、諏訪 錬平、灘岡和夫:マングローブ植生動態モデルの開発のための植生動態モデルSEIB-DGVMと3次元流動モデルROMSの結合システム.日本サンゴ礁学会第20回大会、東京都目黒区(東京工業大学)、2017年11月23日-26日、(口頭)

志村 晶史、相澤 浩明中村 隆志、山北 剛久、北野 裕子、井口 亮、山野 博哉、安田 仁奈:温帯ミドリイシサンゴの集団遺伝解析~最新集団遺伝解析MIG-seqによるアプローチ~.日本サンゴ礁学会第20回大会、東京都目黒区(東京工業大学)、2017年11月23日-26日、(口頭)

Lawrence Patrick Bernardo, Kazuo Nadaoka, Takashi Nakamura, Atsushi Watanabe: Linking regional and local water temperature trends for Shiraho Reef, Okinawa, Japan based on sensor data analyses and numerical simulations. 日本サンゴ礁学会第20回大会、東京都目黒区(東京工業大学)、2017年11月23日-26日、(口頭)

向草世香, 中村隆志, 灘岡和夫.モニタリングサイト1000データに基づく石西礁湖および周辺海域のサンゴ被度変遷の解析, 第64回日本生態学会大会、東京都(早稲田大学), 2017年3月14日-18日. (口頭)

Masaya Yoshikai、Ryohei Egawa、Jun Yasuoka、Takashi Nakamura、Atsushi Watanabe、Sahadev Sharma、Kazuo Nadaoka: Elucidating blue carbon dynamics in mangrove and adjacent coastal ecosystem based on development of an integrated model system. 第27回日本熱帯生態学会年次大会、鹿児島県奄美市(奄美文化センター)、2017年6月17日-18日(口頭)

中村隆志, Lawrence Patrick C. Bernardo, 天野慎也, 渡邉敦, Ratino Sith, 向草世香, 福岡 弘紀, 鈴木豪, 安田仁奈, 長井敏, 灘岡和夫.オニヒトデ大発生のメカニズム解明および予測のための陸域―海域―生態系統合モデルシステム, 日本サンゴ礁学会第19回大会、沖縄県那覇市(沖縄タイムスビル), 2016年12月1日-4日. (口頭)

中村隆志. サンゴ礁生態系のモデリングと数値シミュレーション, 日本サンゴ礁学会第19回大会 自由集会、沖縄県那覇市(沖縄タイムスビル), 2016年12月1日-4日. (口頭)

天野慎也, 出浦敬之, 中村隆志, 栗原晴子, 渡邉敦, 宮島利宏, 灘岡和夫. サンゴ、海藻および海草の代謝応答のモデル化, 日本サンゴ礁学会第19回大会、沖縄県那覇市(沖縄タイムスビル), 2016年12月1日-4日.(ポスター)

出浦敬之, 天野慎也, 中村隆志, 渡邉敦, 栗原晴子, 宮島利宏, 灘岡和夫. 飼育実験によるサンゴ群体の有機物動態の解明, 日本サンゴ礁学会第19回大会、沖縄県那覇市(沖縄タイムスビル), 2016年12月1日-4日.(ポスター)

相澤浩明中村 隆志,安田 仁奈. 海流モデルを用いたオニヒトデの島嶼間コネクティビティーの解析, 日本サンゴ礁学会第19回大会、沖縄県那覇市(沖縄タイムスビル), 2016年12月1日-4日.(ポスター)

小島萌々香, 長井敏, 鈴木豪, 福岡弘紀, 亀田 卓彦, 中村隆志, 渡邉敦, 灘岡和 夫, 北沢駿介, Lawrence Patrick C. Bernardo, 池原浩太, 名取竜哉, 安田仁奈. 石西礁湖における野外オニヒトデ幼生の分布と周辺環境要因, 2016年日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会、熊本県熊本市(熊本県立大学), 2016年9月7日-9月10日(ポスター)

Lawrence Patrick Cases Bernardo, Takashi Nakamura, Atsushi Watanabe, KAZUO NADAOKA. Numerical simulation of typhoon events in Sekisei Lagoon, Okinawa, Japan, 日本地球惑星科学連合2016年大会、千葉県千葉市(幕張メッセ), 2016年5月22日-26日.(口頭)

宮島利宏, 森本直子, 田中 泰章, 渡邉敦, 中村隆志, 山本 高大, 灘岡和夫. サンゴ礁生態系における懸濁粒子・沈降粒子の炭素・窒素安定同位体比時空間分布, 日本地球惑星科学連合2016年大会、千葉県千葉市(幕張メッセ), 2016年5月22日-26日.(口頭)

渡邉敦, 中村隆志, 北沢駿介, Lawrence Bernardo, 鈴木豪, 福岡弘紀, 亀田卓 彦, 藤倉佑治, 本郷悠貴, 安田仁奈, 北野裕子, 向草世香, Ratino Sith, 瀧戸 健太郎, 江川遼平, 田野倉佑介, 安藤航, 竹内傑, 天野慎也, 長井敏, 宮島利宏, 灘岡和夫. 島嶼-石西礁湖-外洋間における栄養塩・有機物動態~特に 大規模水道部に着目して, 日本サンゴ礁学会第18回大会、東京都港区(慶応義塾大学)、2015年11月26日-29日.(ポスター)

瀧戸健太郎, 中村隆志, 灘岡和夫. WorldView-2画像を用いたテクスチャ 及びスペクトル解析によるサンゴ礁域の海底被覆分類と水深推定, 日本サンゴ礁学会第18回大会、東京都港区(慶応義塾大学)、2015年11月26日-29日.(ポスター)

天野慎也, 中村隆志, 渡邉敦, Lawrence Patrick C. BERNARDO, Ratino SITH, 福岡弘紀, 鈴木豪, 灘岡和夫. 石西礁湖におけるオニヒトデ発生予測のための低次生態系モデルの開発, 日本サンゴ礁学会第18回大会、東京都港区(慶応義塾大学)、2015年11月26日-29日.(ポスター)

小島萌々香, 長井敏, 鈴木豪, 福岡弘紀, 亀田 卓彦, 中村隆志, 渡邉敦, 灘岡和 夫, 北沢駿介, Lawrence Patrick C. Bernardo, 池原浩太, 安田仁奈. オニヒトデ幼生の水平分布~石西礁湖のどこにいる?~, 日本サンゴ礁学会第18回大会、東京都港区(慶応義塾大学)、2015年11月26日-29日.(ポスター)

中村隆志, Lawrence Patrick C. Bernardo, 天野慎也, 渡邉敦, Ratino Sith, 向草世香, 福岡 弘紀, 鈴木豪, 安田仁奈, 長井敏, 灘岡和夫. オニヒトデの生活史のモデル化と発生予測の試み, 日本サンゴ礁学会第18回大会、東京都港区(慶応義塾大学)、2015年11月26日-29日.(口頭)

向 草世香, 斉藤衛, 中村隆志, 灘岡和夫. 石西礁湖および周辺海域のサン ゴ被度変遷の傾向分類と要因検討~16年間のモニタリングデータに基づく解析~, 日本サンゴ礁学会第18回大会、東京都港区(慶応義塾大学)、2015年11月26日-29日.(口頭)

中村隆志, 灘岡和夫, 渡邉敦, 山本高大. サンゴの環境変化に対する応答を評価・予測するためのリーフスケールモデリングシステム, 日本地球惑星科学連合2015年大会、千葉県千葉市(幕張メッセ)、2015年5月24日-28日.(口頭)

Ferrera Charissa M, 渡邉敦, 灘岡和夫, 梅澤有, 森本直子, 中村隆志, 宮島利宏. 造礁サンゴによるリンの取込が溶存態リン酸の酸素安定同位体比に与える効果, 日本地球惑星科学連合2015年大会、千葉県千葉市(幕張メッセ)、2015年5月24日-28日.(ポスター)

池原浩太、安田仁奈、長井敏、鈴木豪、福岡弘紀、山下洋、亀田卓彦、甲斐清香、中村隆志、渡邉敦、Lawrence P. C. Bernardo、北沢駿介、灘岡和夫:オニヒトデ幼生の同定~2013年と2014年の調査結果の比較.日本サンゴ礁学会第17回大会、高知県高知市(高知城ホール)、2014年11月27日-12月1日(ポスター)

Lawrence P.C. Bernardo、Kazuo Nadaoka、Takashi Nakamura、Atsushi Watanabe:Investigation of hydrodynamic circulation in Sekisei Lagoon, Okinawa, Japan during normal and typhoon conditions using oceanographic sensors and numerical simulations. 日本サンゴ礁学会第17回大会、高知県高知市(高知城ホール)、2014年11月27日-12月1日(ポスター)

渡邉敦、中村隆志、灘岡和夫、宮島利宏、茅根創:石西礁湖周辺海域における海洋酸性化の現状と炭酸系動態. 日本サンゴ礁学会第17回大会、高知県高知市(高知城ホール)、2014年11月27日-12月1日(口頭)

中村隆志、灘岡和夫、山本高大、渡邉敦:サンゴポリプモデルの拡張に基づくリーフスケール白化シミュレーション. 日本サンゴ礁学会第17回大会、高知県高知市(高知城ホール)、2014年11月27日-12月1日(口頭)

向草世香、中村隆志、鈴木豪、灘岡和夫:モニタリングサイト1000データに基づく石西礁湖および周辺沿岸海域のサンゴ被度変遷の解析. 日本サンゴ礁学会第17回大会、高知県高知市(高知城ホール)、2014年11月27日-12月1日(ポスター)

Sahadev Sharma、Jun Yasuoka、Atsushi Watanabe、Takashi Nakamura、Kazuo Nadaoka:Standing dead and downed woody debris biomass in Fukido mangrove forest, Ishigaki Island, Japan.第24回日本熱帯生態学会年次大会、栃木県宇都宮市(宇都宮大学)、2014年6月13日-15日(口頭)