JCRS参加(11/27~11/30)

高知で開催された、日本サンゴ礁学会第17回大会に参加してきました。

今回はAPCRSの反省を活かし、東大の山本さんに発表の写真を撮っておいて頂きました。ありがとうございます!

発表のタイトルは
『サンゴポリプモデルの拡張に基づくリーフスケール白化シミュレーション』
です。

さて、高知と言えば何といってもカツオです!

高知のカツオのタタキは、藁で焼いているようで、ガスコンロで焼いたのでは味わえないような、非常に豊かな香りがしてとてもおいしかったです。

もちろん、研究面でも有意義な意見交換ができ、とても充実した学会でした。

また、久しぶりにお会いした恩師 中森先生と、北大のポスドク時代に大変お世話になった元ボス 渡邊さんも相変わらずで何よりでした(笑)。

カテゴリー: 学会・会議 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)